最近あちこちで取り上げられている
土山敬士郎さんの「上流仕入指南書」。


転売から一歩踏み込んだ仕入を展開し、

より安定した高利益のビジネスを実現する

上流仕入を極める完全無欠の物販って話だよね。

でも、実際どうなの?
誰でも成果を出すことって可能?

上流仕入指南書が向いている人・いない人

利益が狙える商品のリストが構築されていくので、

既存商品に関しては発注する作業だけを行うようになります。

電話1本・メール1通で商品を仕入することが可能で、

発注作業なども外注スタッフに任せてしまえば、

完全に手放しで運営することできるって

面白そうだけれど
もう少し検討してみよう。